FC2ブログ

待合室ブログ

Home

気負わない鉄道ブログ。関西が中心。旧:みんちかブログ&トラックバックセンター。



3:20~

伊豆箱根鉄道駿豆線 - Wikipedia [2020年9月7日 (月) 12:06 の版]

当初は湯治客の便を図り、伊豆中部の大仁と東海道本線を結ぶ目的で建設された。初めの計画では沼津を起点とする予定であったが、東海道本線敷設時に駅が設けられず衰退が著しかった宿場街三島の者が土地寄贈を行うなど積極的に誘致を行い、現在の下土狩駅の所に新しく(初代)三島駅を設けた上で、ここを起点とすることになった。1898年に開業し、1924年には修禅寺・修善寺温泉のある修善寺町(今の伊豆市)まで延伸されている。

昭和に入り、1934年12月に丹那トンネルの開通に伴い東海道本線のルートが御殿場経由から現行の熱海経由に変更されることになった際、熱海経由の新線に(2代目)三島駅が設置されたため、起点を変更した(この時、御殿場経由の元の東海道本線のルートは御殿場線となった。これに先立ち、初代の三島駅は同年10月に下土狩駅に改称された)。これらの経緯については三島駅#歴史も参照のこと。

スポンサーサイト





【玉川電車】渋谷が終点ではなかった!! | milkyhtのFrankly blog

上記の路線図をよ~く見てみると、渋谷駅が終点ではなかったことが分かる。

なんと、山手線内域に乗入れしていたのである。

渋谷~(大正11年6月10日開業)~渋谷橋~(大正13年5月21日開業)~天現寺橋、

渋谷橋~(昭和2年3月29日開業)~中目黒。


その後、渋谷以遠の区間は、昭和13年8月19日に東京市電気局に経営委託し、

昭和23年3月10日に東京都交通局に路線譲渡したので、これ以降、玉電は渋谷始発となった。


東急玉川線 - Wikipedia


武蔵野操車場 - Wikipedia

北上操車場 - Wikipedia [2018年4月14日 (土) 04:46 の版]

北上操車場は日本国有鉄道(国鉄)の操車場自動化システムであるYACS(ヤックス)が導入された自動化ヤードであった。転走貨車の速度制御や進路の形成だけでなく、分解表の作成、貨報の作成などの情報処理作業も自動化されており、総合自動化ヤードと呼ばれていた。国鉄の自動化ヤードは全国に6箇所あったが、その中でも総合自動化ヤードと呼ばれたのは北上操車場と武蔵野操車場の2箇所のみであった。