FC2ブログ

待合室ブログ

Home

気負わない鉄道ブログ。関西が中心。旧:みんちかブログ&トラックバックセンター。


E.M.フォースターの小説『ハワーズ・エンド』の一節――「駅とはすばらしいもの、未知なるものへと開かれたゲートなのだ。われわれはそこを通って冒険と陽光の中へと旅立ち,残念ながらそこへ戻ってくる。パディントン駅にはコーンウォール半島全体とイギリス最西部がひそんでいる」

アトリウムの計画とデザイン: 都市におけるアメニティ空間の創造 - Google ブックス
スポンサーサイト