FC2ブログ

待合室ブログ

Home

気負わない鉄道ブログ。関西が中心。旧:みんちかブログ&トラックバックセンター。




奥村 利幸 (*) : シリーズホームページ訪問(阪急電鉄). (財)関西情報センター機関誌「KIIS」, Vol.106 (1998年1月).
阪急電鉄のWWWサーバは1994年12月、阪神淡路大震災の約1ヶ月前に産声をあげました。当初の目的はお客様へのサービス向上のためにインターネットの活用法を研究するためというものでした。当時は民間企業のホームページの数もまだ少なく、ホームページ開設の告知方法として当時最もポピュラーだったNTTの新着情コーナーにも、日に数件の登録があれば良い方でした。民鉄業界初となる本格的な情報発信サーバとして、「様々な試みを行っていきたい」と思っていた矢先に大震災が起こり、当社も神戸線を始めとして甚大な被害を受けました。私共は震災直後から全線復旧までの間、代替バス状況や復旧情報等をひたすら発信し続けました。その甲斐あって、当社ホームページが多くの方から認知されるようになり、沢山の励ましの電子メールをいただくことができました。
*: 阪急電鉄株式会社 文化・技術研究所 ネットナビチーム(当時)。

「ボランティア元年」と呼ばれた1995年は、「ネットによる災害対応 元年」でもあったのです。
スポンサーサイト
實拍滬寧城際與京滬高鐵(復興號)並排而行


滬寧都市間鉄道 - Wikipedia

京滬高速鉄道 - Wikipedia
40:11~

蒸気機関車が走っていた頃の別府鉄道 土山線(1965年)。