FC2ブログ

待合室ブログ

Home

気負わない鉄道ブログ。関西が中心。旧:みんちかブログ&トラックバックセンター。


バブル期の阪急の「JAN計画」(いわゆる大阪「マンハッタン計画」。神崎川と中島川に挟まれた西淀川区中島地域の開発計画。十三・淡路・中島のローマ字表記の頭文字をとって「JAN」。)に含まれていた、中島-十三-淡路間の鉄道路線のルートって、鉄道路線計画としての「淀川北岸線 - Wikipedia」(2004年10月8日の近畿地方交通審議会答申第8号策定作業で検討対象となった路線のひとつ。提案者は、大阪市。区間は、大正区、港区、此花区方面~福~塚本~十三~新大阪~東淀川方面。)に相当するんだね。

初出:
Facebook 2017/ 4/ 8
スポンサーサイト




上記地図で「阪急曽根新線」と書いてある「神崎川・曽根線」とは、阪急神戸線神崎川駅から、まっすぐ北に上がって阪急宝塚線曽根駅までを結ぶ構想の未成線です。

阪急宝塚線の急行線という位置づけであり、神崎川からは神戸線梅田方面に加え、新大阪連絡線(神崎川-新大阪-京都線淡路)を経て新大阪方面につながる構想でした。

初出:
Facebook 2017/ 4/ 4