FC2ブログ

待合室ブログ

Home

気負わない鉄道ブログ。関西が中心。旧:みんちかブログ&トラックバックセンター。


交通は、人と人との掛け算、すなわち情報の掛け算を引き起こす知的な仕組みである。また、交通なしに、社会参加は凡そできない。交通は、社会を知的・活発にしている。

したがって、交通のエヴァンジェリスト(伝道者)は、社会を知的・活発にする。エヴァンジェリストによって、交通は注目され、交通利用者は増え、それは政治的にも経済的にも交通インフラ充実に寄与する。

その中でも、鉄道(鉄軌道系)のエヴァンジェリストの影響は大きい。

なぜならば、1つには、鉄道は公共交通機関であり、誰でも利用できるからである。また、お酒を飲んでいても利用できる。これは、酒席がもつ、人と人との掛け算の絶大な能力を考えるに、その偉大さが分かるだろう。

2つには、鉄道の大量輸送性がある。鉄道による輸送は、密度が高い。よって、鉄道の輸送比率が増えれば、その他の交通、例えば道路交通が少なくなり、道路は空き、渋滞はなくなり、交通全体の効率が向上するのである。

初出:
Facebook 2017/ 1/30
スポンサーサイト