待合室ブログ

Home

気負わない鉄道ブログ。関西が中心。旧:みんちかブログ&トラックバックセンター。


(1/3)


(2/3)


(3/3)


(1/3) の 14:10~:

神戸本線の御影-王子公園間の運転再開に向け、車両搬入を行いました。

正雀工場から王子公園駅までで、夜間、トレーラで陸送。

[1995年] 1月28日から2月2日までの6日間、メンテナンスが容易な 8000系の車両、毎日4両ずつ、全部で24両の車両を運びました。

スポンサーサイト
大阪の臨海部の埋立地は、北から

舞洲
夢洲
咲洲

の順に並んでいます。

舞洲は、ごみ処理場や運動公園があります。

夢洲は、カジノを含むIR(統合型リゾート)招致場所であり、招致活動が行われている大阪万博(2025年)の開催予定地です。

咲洲は、大阪府庁の一部機能が移転している(WTCビル)場所です。また、南港フェリーターミナルなどがあります。


大阪万博(2025年)の交通アクセスを考えました(私論):

JR桜島線の夢洲・舞洲・咲洲延伸。貨物線、おおさか東線への乗り入れによる、西九条(関空方面)・新大阪との直結。

京阪中之島線の西九条延伸。西九条は、交通結節点(阪神神戸・JR北梅田・JR新大阪・JR臨海都心・JR関空・JR和歌山・京阪京都・近鉄難波・近鉄奈良方面)として整備。

京阪中之島線の臨海都心乗り入れは、新大阪への直結アクセスが出来ないことを考えると、ないなぁ。

問題点は、JR北梅田から西九条までの貨物線が単線であること。そして、咲洲-夢洲間の夢咲トンネル(軌道部分の基盤は完成しているが、線路は敷かれていない)が使えるかどうか。

初出:
Facebook 2017/ 1/ 4