待合室ブログ

Home

気負わない鉄道ブログ。関西が中心。旧:みんちかブログ&トラックバックセンター。


計画では、

 新鎌ヶ谷-小室間: 千葉県営鉄道北千葉線 と 北総開発鉄道(現、北総鉄道北総線)

 小室-印旛日本医大間: 千葉県営鉄道北千葉線 と 成田新幹線

が、線路を敷くことになっていた。

千葉県営鉄道北千葉線は、新鎌ヶ谷から、本八幡に至り、そこで都営地下鉄新宿線に乗り入れる計画であった。

小室-印旛日本医大間間の千葉県営鉄道北千葉線は、住宅・都市整備公団千葉ニュータウン線として開業後、現在は、千葉ニュータウン鉄道が鉄道施設を所有している。なお、北総線の一部として営業されている。

成田新幹線は、小室から、西船橋を経て、東京駅に至る計画であった。

成田新幹線の成田空港付近の着工済みだった設備は、京成線とJR線の成田空港乗り入れに係る設備(成田空港高速鉄道所有)に転用された。また、成田新幹線計画のルートに沿い成田高速鉄道アクセス所有の路線が敷設され、北総線など関連路線と合わせて、京成成田空港線(スカイライナー)として営業されている。

関連:
東京10号線延伸新線の検討委が解散…複雑な経緯たどった千葉ニュータウンの鉄道構想 | レスポンス (待合室たんぶら 2014/ 1/ 4 に引用)

北千葉線はどうなるか

成田空港アクセス線となった成田新幹線
スポンサーサイト