待合室ブログ

Home

気負わない鉄道ブログ。関西が中心。旧:みんちかブログ&トラックバックセンター。


高速鉄道技術を輸入した国の高速鉄道は、周囲の光景の中で浮いている ("とってつけた感"がある)。

これは、高速鉄道“パッケージ”を取り入れたことを示す。混じり気がないことは、高い信頼性を意味する。


初出: 2011/ 7/30 9:24am
スポンサーサイト
West-side view from Ikeda Sta.


2013/ 5/ 6。阪急・池田駅のホームから西側(宝塚方)をのぞむ。

引上げ線が2本あります。写真左から、引上げ線1、下り本線、引上げ線2、上り本線です。

引上げ線は、猪名川橋梁の手前まで延びており、昔は猪名川河川敷から引上げ線に止まっている電車を、なぜ線路の途中に止まっているのだろうか、と不思議に思って見上げたものです。

1990年代には昼間時間帯の普通の2本に1本が 梅田-池田間 の運行で、引上げ線がよく使われていました。しかし今では、梅田発池田行きは 日に1本しかありません。

梅田駅を、平日に 20:26、土・休日に 21:25 に発車する電車で、池田駅で乗客を降ろした電車は、引上げ線1 に入ります。

また、宝塚方各駅の上り終電として、宝塚発池田行きが 1本あり、池田駅で乗客を降ろした電車は、逆進して、引上げ線2 に入ります。翌朝、引上げ線の2本の電車は、池田発宝塚行きの普通として使われます。