FC2ブログ

待合室ブログ

Home

気負わない鉄道ブログ。関西が中心。旧:みんちかブログ&トラックバックセンター。


大阪-神戸間の北寄りに位置する兵庫県伊丹市には、JRが福知山線を、阪急が伊丹線を運行している。

JR福知山線と阪急伊丹線は、それぞれ南北方向の路線であり、500mほど離れて平行して走っている。両線は交わらず、両線の間を行き来するには、大阪・梅田を経由しなければならない。

かつて、阪急神戸線が建設されるとき、当初は現在よりも北よりに建設され、伊丹市を東西に横断する予定だった。しかし、大阪-神戸間を結ぶ上で北よりの路線は遠回りであったため、現在の路線が建設された。これは合理的な判断であると考える。

伊丹市を東西に横断する阪急神戸線が建設されなかった「主犯」は、伊丹市の位置、即ち、大阪・神戸との位置関係なのだ。

しかし、伊丹市を東西に横断するように阪急神戸線が建設されていれば、伊丹市は南北路線(JR福知山線)と東西路線(阪急神戸線)をもつことができた。伊丹市内の移動はより有機的であったことだろう。
スポンサーサイト



列車あるいは路線はコンセプトの具現である。

理由:

鉄道は、自動車とは異なり、個々ユーザに完全にあわせたサービス(「ドアtoドア」なサービス)を提供できない。

また、鉄道は、自動車とは異なり、一まとまりのサービスを提供しなければならない (全通させねば意味がない)。

だから、自立して、不特定多数に大きな満足を与えられる、「柱となる概念」を、熟慮のすえに決定しなければならない。

この「柱となる概念」は、鉄道会社・出資者・沿線自治体・所管官庁の多くの人々に共有される。そして、誤解のない共有のためには、コンセプトという形態の言語化が必要なのである。